金融の虎 クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査があるから……

 

専業主婦なので収入がないから……

 

フリーターだから……

 

そんな不安からクレジットカードを持つことをためらっている人もいるのでは?

 

 

 

 

クレジットカードは金融機関に直結しているため、申し込み時には「審査」があります。

 

その人の経済状態や、過去のクレジットの支払い状況などを確認して、その人がカードで借り入れたお金をきちんと返済できるかどうかを見るためです。

 

審査の結果で、カード発行ができるかどうかと、借り入れできる金額が決まります。

 

 

 

 

クレジットカードの審査では、現在の職業と年収、それにローンなどの金額とその返済状況を聞かれます

 

職業は、正社員、パート、アルバイトなどの雇用形態に、勤続年数もポイントになります。

 

何年か継続して勤めている正社員で、滞納している借金がなければ、まず問題なくパスできます。

 

学生でも親の同意があればカードを発行してくれる会社は多いですね。

 

OMCカードのように、主婦の方が作りやすいカード会社もあります。

 

自営業の方なら、日本の企業のカードよりもアメリカン・エキスプレスなどの外資系のカードのほうが審査に通りやすいようです。

 

 

 

 

審査の基準はカード会社によって違い、セゾンや三井住友VISAのように基準の厳しい会社もあるのですが、アコムマスターやプロミスJCBなどの甘めの会社もあります。

 

審査が甘めの会社のカードを持って使用実績を作ると、信用度が上がるので、ワンランク上のカードを持つこともできます。

 

ただ、多重債務があったり、支払いを滞納していた経歴があったりすると、ほかの条件が良くても審査に落ちることがあります。

 

 

 

 

審査には、運転免許証や保険証、パスポート、外国人登録証明などの本人確認ができる身分証明書が必要です。

 

クレジットカードの申し込みをするときには、身分証明書を忘れないようにしましょう。